今日のビールのお両方は何に決めるか?ズボラレシピのご広報だ。

今日は、重労働で日々タップリ汗をかいて要るダディのビールのおつまみに、
「塩味きんぴら特有」を作ります。
面倒が大嫌いな私流の製法をご提示。
エキス:牛蒡、塩分、風味の素、ごま油、すりごま。※容量はお好みで
(具材はお好みで増やしてもいいかもだ)
まずは、牛蒡の皮むきなんですが、包丁なんて使いませんよ!
【安易利点その1】
アルミホイルで牛蒡を包み込むように、ゴシゴシ行う。
アルミホイルが勝手にグチャグチャになるので、そのズレで皮が剥けます。
土臭さが苦手な輩はよくゴシゴシ!
薫りを記したい輩は、ササットでOKです。
次はささがき。
うん、また包丁は用いません。
【安易利点その2】
ピーラーを使います。牛蒡をグルグル回しながらシュッシュッっとやっていきます。
ささがきになった牛蒡を水に10取り分ほどさらしてから、水を切ります。
フライパンに牛蒡を入れ、ひたひたに変わるくらいのお水と塩分小匙1ぐらい(デタラメ)を入れて10取り分位煮ます。(私は灰汁が苦手なので相当とことん煮ますがこれも適当で可能)
ひと度、ザルに上げて水分を切ります。
再度おんなじフライパンに牛蒡を注入し、ごま油(適量)風味の素小匙1くらい(デタラメ)を入れ炒めます。味見をして足りないようなら塩分で調整し、火を止めてからすり胡麻をまぶして出来上がり。
【少し雑学】
普通のごま(つぶつぶのままの人)はカラダで会得できず、そのまま体外に排出されるそうなのですり胡麻を使ってます。
限り

冷たくなっても旨いので、夏にはピッタリですよ。
正邪、お試験を!キレイモ 顔